監査法人

監査法人とは、公認会計士法1条の3第3項に記載されている、「他人の求めに応じ報酬を得て、財務書類の監査又は証明を組織的に行うことを目的として、公認会計士法34条の2の2第1項によって、公認会計士が共同して設立した法人」のこと。

M&A取引においては、監査法人は財務デューデリジェンスや企業価値評価などの業務を担当する。

M&A用語集に戻る

Last Updated On 2月 13, 2019