クルーズ、オンライン商談システムのイズムを買収

クルーズ株式会社(東京都港区 / 以下、クルーズ)は21日、オンライン商談システム『Mee2box(ミーツボックス)』を提供するイズム株式会社(東京都港区 / 以下、イズム)の全株式を取得し、100%子会社化することを発表した。

クルーズは、18年11月の決算説明会でM&Aによる売上最大化の方針を発表している。先日発表したYES 株式会社(東京都港区)の設立に加え、既にインサイドセールス事業で実績のあるイズムを子会社化することで、新たな事業領域であるインサイドセールス事業へ参入する。

イズムは2017年よりインサイドセールス事業を開始し、自社独自で企画、開発したオンライン商談システム『Mee2box(ミーツボックス)』を提供している。『Mee2box』は、専用アプリやソフトのインストール・会員登録が不要で、約3秒後にはオンライン商談を開始することができるシステム。

イズムには、前職の大手通信会社においてトップセールスマンとして活躍した経歴を持つ代表をはじめ、セールス領域における優れたノウハウや経験を持ったメンバーが揃っており、これらの営業力とテクノロジーを掛け合わせることで、インサイドセールス領域におけるビジネス拡大だけではなく、クルーズグループ全体における営業力の底上げを目指す。クルーズは今後も、M&A、投資、新規事業創造を積極的に進めていく方針。