コマツ、米の林業機械メーカーTimberPro社を買収

株式会社小松製作所(東京都港区 / 以下、コマツ)は20日、米国における完全子会社であるコマツアメリカ株式会社(米国イリノイ州)を通じて、林業機械・アタッチメントの製造、販売事業をおこなっているTimberPro, Inc.(米国ウィスコンシン州 / 以下、ティンバープロ社)を買収することを発表した。19年4月1日に買収完了予定。

ティンバープロ社は米国ウィスコンシン州に本社を置き、履帯式フェラーバンチャー及びハーベスター、フォワーダー、ホイール式ハーベスターなどの林業機械、及びアタッチメント(フェリングヘッド)を販売する林業機械専門メーカー。

コマツは、中期経営計画における成長戦略の実現に向け、林業機械事業の拡充を図るため、今回の買収に至った。今回の買収によりコマツは、FTL工法の林業機械市場において、主に履帯式フェラーバンチャーの製品レンジを拡充し、ラインナップを強化。より付加価値の高い林業機械を提供することで、顧客の価値創造への貢献を目指す。

※FTL工法(Full Tree Length工法):立木を切り倒し、そのままの長さで搬出する林業の工法。