アント・キャピタル・パートナーズ、リクルートキャリアの独立・開業支援サービス「アントレ」を買収

株式会社リクルートキャリア(東京都千代田区 / 以下、リクルートキャリア)は7日、リクルートキャリアが提供する独立・開業支援サービス「アントレ」について、株式会社リクルートが新設した株式会社アントレに会社分割(吸収分割)により承継させ、19年4月1日付で当該新設会社の株式をアント・キャピタル・パートナーズ株式会社(東京都千代田区 / 以下、アント・キャピタル・パートナーズ)が運営するアント・カタライザー5号投資事業有限責任組合が保有するシー・ファイブ・スリー・ホールディングス株式会社に譲渡することを発表した。

アント・キャピタル・パートナーズは2000年に設立され、未上場株式等への投資業務、および投資事業組合の運営管理業務を行っており、プライベート・エクイティ投資やセカンダリー投資において数多くの実績を有する。

「アントレ」は1997年に創刊され、独立・開業といった働き方の選択肢を見つけるための情報サービスを提供。近年は「アントレnet」によるWebでの情報提供に注力しており、フランチャイズ加盟の募集や、代理店・業務委託の募集情報などを紹介している。今後の「アントレ」の事業展開として、アント・キャピタル・パートナーズが持つ経営ノウハウと接続させることが、顧客にとって適切という判断により、今回の譲渡に致った。

今後、独立・開業支援サービス「アントレ」は、リクルートグループから独立し、新会社の株式会社アントレとして、アント・キャピタル・パートナーズの支援のもと、更なる発展を目指す。