京セラコミュニケーションシステム、機械学習のRistを買収

京セラコミュニケーションシステム株式会社(京都市伏見区)は7日、機械学習関連事業を手掛ける株式会社Rist(東京都目黒区)を買収したことを発表した。

京セラコミュニケーションシステムは、ディープラーニングを用いた画像認識システムの技術検証からシステム開発、導入までをワンストップで提供している。

Ristは2016年に設立されたベンチャー企業。ディープラーニングや機械学習を用いた画像システムの開発、データ解析事業を行っており、製造業における目視検査の自動化に強みを有する。独自開発した画像比較検査手法により、少ない画像枚数で画像判定モデルを短期間で生成し製造ラインへ導入するなど、多くの実績を持っている。

京セラコミュニケーションシステムは今回の買収により、画像認識システム提供の技術力強化とスピードアップを図るとともに、製造ラインにおける検査の自動化普及への貢献を目指す。