NEC、デンマークのIT最大手KMD Holding ApSを買収

NEC(東京都港区)は27日、デンマーク最大手のIT企業KMD A/Sの持株会社で、パブリック分野向けソフトウェア、ITサービスを提供するKMD Holding ApSの買収を発表した。買収総額は、80億デンマーク・クローネ(約1360億円)、19年2月末に買収完了を予定している。

KMD社は、デンマークを中心にソフトウェア、ITサービスなどをリカーリング型(継続的に収益を生むビジネスモデル)で事業を展開している。中央・地方政府向けの強固な顧客基盤、幅広いプラットフォーム、UX・データ分析ソリューションに強みを有しており、国連の経済社会局が発表した2018年「世界電子政府ランキング」で首位となったデンマークのデジタル化を支える企業。また、積極的なM&Aによる事業の多角化も推進している。

欧州では、行政サービス向上とコスト削減のため、EU各国の合意のもと、統一的なデジタルガバメント施策が各国で進められている。NECは今回の買収により、政府のデジタル化で先行するデンマークの最大手のIT企業を傘下におさめることとなり、デジタルガバメント領域におけるプラットフォームを活用したビジネスモデルの獲得により、北欧から欧州全域、世界への展開を目指していく。