エア・ウォーター、医療機器卸売業の山村医科器械を買収

エア・ウォーター株式会社(大阪市中央区)は25日、医療機器卸売業の株式会社山村医科器械(京都市)を買収したことを発表した。

エア・ウォーター株式会社は1929年設立の東証一部上場企業。産業ガスやケミカル、医療関連、エネルギーなどの幅広い事業を展開している。

株式会社山村医科器械は1991年に設立され、脳神経外科・整形外科に強みをもつ医療機器卸売事業を行っている。18年8月期の売上高は約7億円。

エア・ウォーター株式会社は今回の買収により、京都府を中心に脳神経外科や整形外科分野に関わる商材や手術室設備資材を取り扱っており、大学病院や大手総合病院を顧客に持つ山村医科器械をグループ化することにより、取り扱い商材のラインナップを拡げ、医療機関との関係強化と事業拡大を目指す。