日立、スイスABB社のパワーグリッド事業を買収

日立製作所(東京都千代田区)は17日、スイスの産業機大手のABB社からパワーグリッド事業(送配電事業)を買収することを発表した。買収総額はこれまで日立が行ってきたM&Aの中では過去最高額の7000億円。

今回の買収により、日立はパワーグリッド事業で世界一の地位を獲得。今回の買収にあたり、まずABB社がパワーグリッド事業の分社化を行い、20年前半までに日立が約8割を出資。その後、完全子会社化を目指していく。

発電所などから工場や家庭へ電気を届けるパワーグリッド事業はABBが誇る4つの事業のうちの一つ。約100カ所の製造拠点と200カ所の営業拠点を保有しており、約3万6000人の従業員を抱えている。17年12月期の売上高は約100億ドル(約1兆1000億円)だった。