英会話のNOVA、広島のプロバスケットボールクラブを買収

駅前留学のNOVAホールディングス株式会社(東京都港区)は10日、プロバスケットボール「B.LEAGUE」に所属するプロバスケットボールクラブ『広島ドラゴンフライズ』を運営する株式会社広島ドラゴンフライズ(広島市中区)を買収することを発表した。

NOVAホールディングスは、駅前留学NOVAをはじめ、学習塾、英会話学校、留学エージェントラストリゾートなど、教育の総合ホールディングスカンパニー。

広島ドラゴンフライズは現在、B2西地区で首位争いを演じており、B1への昇格を目指している。NOVAホールディングスがオーナーとなり、人材獲得や資金面での追い風を受ける。

代表取締役社長としてチームに残る浦氏は、「NOVAの一員として企業力を高め、チーム一丸となってB1昇格を目指していきます。チーム力はさることながら、フロント力を高めることで強いチームを支えていきたい」とコメントしている。

NOVAホールディングスは今回の買収により、広島ドラゴンフライズのオーナーとなる。NOVAホールディングスがこれまでの事業で培ってきた教育ノウハウを活かして、バスケットボールクラブ運営を通じて広島の地域発展への貢献を目指す。