アビーム、シンガポールのデータ分析スタートアップを買収

NEC傘下のアビームコンサルティング株式会社(東京都千代田区)は6日、シンガポールのデータ分析企業のLightStream Analytics社を買収することを発表した。買収総額は約7億円とみられている。

LightStream Analytics社の設立は2006年、シンガポールやインドネシアを中心に東南アジアにで、データ関連サービスを提供している。IoTや機械学習、予測分析などの技術を活用して、政府機関や金融、製造、消費財、教育関連など幅広い顧客を有する。

アビームは今回の買収により、自社で日本企業向けに展開しているデータ分析事業とコンサルティング事業を融合させながら、アジア圏での事業拡大を狙う。

株式取得は、LightStream Analytics社の創業者などが保有する株式を18年に70%、21年までに100%取得予定。