ザインエレ、M2Mソリューションのキャセイ社を連結子会社化

ファブレス半導体メーカーのザインエレクトロニクス(東京都千代田区)は20日、M2Mソリューションを提供するキャセイ・トライテック株式会社(神奈川県横浜市)を連結子会社化することを発表した。キャセイ・トライテック社の発行済株式数の52.39%を18年12月上旬に取得する。

キャセイ・トライテックは、IoT・M2M機器や、モバイル通信機器のハード・ソフトウェアの開発・製造・販売および、中国でICT事業開発を行っている。

高速インターフェースや画像処理の分野で世界をリードするミックスドシグナル LSI 製品を世界で提供しているザインエレクトロニクスにとって、今回のキャセイ・トライテック社との資本業務提携により、 AIとIoTの分野における利便性向上や中国市場における顧客への付加価値が提供できるなど、多くのシナジー効果を見込んでいる。

買収金額は約3.5億円とみられている。