コメ兵、アンティーク販売のシエルマンを子会社化

日本最大級のリサイクルショップを運営するコメ兵(愛知県名古屋市)は16日、アンティーク時計やアンティークジュエリー販売のシエルマン(東京都中央区)の全株式を取得、子会社化することを発表。

シエルマンは、「最高の逸品モノを使って楽しむ」というコンセプトを掲げ、時計やジュエリーのアンティーク商品を中心に販売を行っており、時計業界では高い地位を確立している。商品は、表参道や青山、大手百貨店などで販売。

中古品の流通市場は、メルカリやラクマといったCtoCサービスの台頭により、競争は激化している。コメ兵は、アンティークに強みを持つシエルマンのグループ化によって、取り扱い商品の専門性をさらに強化し、他社との差別化を図っていく。

コメ兵は、17年には通販サイト2社を子会社化しており、厳しい競争環境下で勝ち残っていくために、積極的なM&Aを進めている。