バンダイナムコエンターテインメント、プロバスケチーム「島根スサノオマジック」運営会社を買収

株式会社バンダイナムコエンターテインメント(東京都港区 / 以下、バンダイナムコ)は27日、株式会社山陰スポーツネットワーク(島根県松江市)の株式56.5%を取得し、プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」に所属する「島根スサノオマジック」の運営に参画することを発表した。

バンダイナムコは、事業領域をエンターテインメントと広く定義し、既存のゲーム事業に限定せず、ライブやイベントの企画・実施といったライフエンターテインメントなど、バンダイナムコらしい新たなエンターテインメントを創出してきた。今回、「島根スサノオマジック」の運営に参画することで、新たな「スポーツ」というエンターテインメントへの挑戦を
始める。

島根県を本拠地とする「島根スサノオマジック」は、地域の皆様や多くのファン、ブースターから熱く愛され、2010年クラブ創設以来「地域の活性化」、「青少年の健全育成」、「バスケットボールの競技力向上」という理念のもと、bjリーグ、B.LEAGUEで戦ってきた。そして今年5月、B1に再昇格し、さらなる高みを目指している。今後もバンダイナムコは世界中のお客様が笑顔でいられるような「アソビきれない毎日を。」の実現を目指す。