ヤマノHD、美容室経営のL.B.Gを買収

株式会社ヤマノホールディングス(東京都渋谷区 / 以下、ヤマノHD)は21日、19年10月1日付で株式会社L.B.G(東京都渋谷区 / 以下、LBG社)の株式を取得し連結子会社化することについて決議し、株式譲渡契約を締結したことを発表した。

ヤマノHDは、創始者である山野愛子氏が提唱した「美道五原則 髪・顔・装い・精神美・健康美」を企業理念として、美容事業・和装宝飾事業・DSM事業を展開し、「ソフトと価値の提供」を各事業の共通テーマとして、商品以外のサービス機能拡充による差別化戦略を進めている。美容事業においては、ファミリー層・中高年層を中心とした低中価格帯の美容室展開を行っており、和装宝飾事業との連携による強みを活かした着付けサービスの拡充や低価格帯新ブランド店舗の出店を開始するなど、今後、環境に応じた出店領域拡大を目指している。

LBG社は、「La Bonheur」のブランド名で、20代~30代女性をターゲットとした中高価格帯の美容室を、首都圏中心に15店舗運営しており、LBG社の創業者で代表取締役である鈴木宏幸氏は、「スタッフが安心して定年まで働ける組織をつくり、美容業界を変えたい」という思いのもと、正社員雇用、全店舗直営店の運営方針で、2013年の会社設立から僅か5年で15店舗と「スピード」に力点を置いた経営で急成長を遂げており、高い集客力、安定したスタイリストの確保により、今後も更なる店舗数の拡大が見込まれる。

LBG社の強みは、マーケット分析力による高採算エリアへの出店、優秀な人材の獲得、スタイリストの早期育成、WEBマーケティングを活用した高い集客力、自社アプリでの既存顧客の囲い込みであり、常に新しいトレンドを取り入れながら新規出店を加速し、事業拡大させていくビジネスモデルを構築している。

今回の連結子会社化後も鈴木氏はLBG社の株式の一部を継続保有し、引き続き代表取締役の職務を継続する。ヤマノHDは鈴木氏をサポートして全国規模での積極的な出店攻勢をかけていき、LBG社が次のステージに飛躍するための、経営管理ノウハウの提供、コンプライアンス体制の強化、人材教育の強化等の支援をおこなう。また、ヤマノHDが現在展開する中高年層向けの低中価格帯美容サービスとの連携を強化し、祖業でもある美容事業全体の成長スピードを加速させる。