クオールHD、薬局運営のセラ・メディックを買収

クオールホールディングス株式会社(東京都港区 / 以下、クオールHD)は8日、薬局運営の株式会社セラ・メディック(大阪府堺市 / 以下、セラ・メディック)の株式を100%取得し、子会社化したことを発表した。

クオールHDは1992年の創業以来、「わたしたちは、すべての人の、クオリティ オブ ライフに向きあいます。いつでも、どこでも、あなたに」を企業理念に掲げ、一貫して医療や健康を支える事業を拡大してきた。中期目標である連結売上高3,000億円、営業利益250億円を掲げ、中核事業である「調剤薬局事業」は、積極的な新規出店、M&A を活用して事業拡大を図っている。

今回、子会社化したセラ・メディックは、大阪府堺市に本社を置き、「プラザ薬局」、「まりん薬局」、「日の丸薬局」、「わかば薬局」の屋号で保険薬局を大阪府に9店舗、奈良県に1店舗運営しており、地域密着型の店舗運営を行っているが、とりわけ医療機関や介護施設等との連携強化により、居宅療養管理指導の充実に注力している。

クオールHDは、更なる地域医療、在宅医療への貢献に資することから、今回の株式取得に至った。優秀な人財の相互交流に加え、在宅医療のノウハウを最大限に活用することにより、さらなる企業価値向上に努める。