エア・ウォーター、大規模工場等向け無停電電源装置メーカーの蘭Hitec Holdingを買収

エア・ウォーター株式会社(大阪市中央区 / 以下、エア・ウォーター)は23日、ロータリー式無停電電源装置(以下、DRUPS)のメーカーであるHitecHolding B.V.(オランダ・アルメロー / 以下、Hitec社)の全株式を本年7月17日付で取得、Hitec社を子会社化したことを発表した。

Hitec社は1956年に世界で最初にDRUPSを開発したメーカーであり、60年以上に亘り1,500基以上のDRUPSを世界各地に納入した実績を誇り、競争力の高い技術力を有するリーディングカンパニー。

エア・ウォーターは今回のHitec社の子会社化により、製品・オペレーションのコストダウン、国内を含めたグローバルでの事業体制の強化を進め、より競争力のあるトータルソリューション体制を構築し、高出力UPSシステムとその周辺領域におけるグローバルNo.1を目指す。