アサヒグループHD、ビール大手AB InBev社から豪州事業を約1兆2096億円で買収

アサヒグループホールディングス株式会社(東京都墨田区 / 以下、アサヒグループ)は19日、Anheuser-Busch InBev SA/NVグループ(以下、AB InBev社)が豪州で保有する全事業(以下、CUB事業)の取得について、AB InBev社と合意に達し、同日の取締役会にて決議、株式売買契約を締結したことを発表した。買収総額は約1兆2096億円。

CUB事業は、豪州ビール市場のトップブランドである「Carlton」や「Great Northern」などの商品に加え、高いマーケティング力や商品開発力を有する。強固なブランドポートフォリオや効率化推進力により、安定した収益性を備える事業。

アサヒグループは今回の豪州のビール・サイダー事業の取得により、日本、欧州、豪州の3極を核とした強固なグローバルプラットフォームの構築を目指す。