楽天モバイル、DMM社よりMVNO事業「DMM mobile」等を事業譲受

楽天モバイル株式会社(東京都世田谷区 / 以下、楽天モバイル)は9日、19年7月4日開催の取締役会において、19年9月1日を効力発生日(予定)として、会社分割の方法により、合同会社DMM.com(東京都港区 / 以下、DMM社)の運営するMVNO事業「DMM mobile」、および「フレッツ光」を利用した高品質インターネットサービス事業「DMM光」を承継することを発表した。今回の会社分割の対価としてDMM社に約23億円を交付する予定。

楽天モバイルは、14年10月よりMVNOサービス「楽天モバイル」の提供を開始し、現在、国内MVNO契約数を順調に伸ばしている。楽天グループの多様なサービスや「楽天スーパーポイント」とのシナジーを発揮し、付加価値の高いサービスを提供しており、売上高はサービス開始時から約6倍に拡大、楽天モバイルショップの店舗数も19年5月時点で全国500店舗を突破している。

「DMM mobile」は、NTTドコモのLTE/3G回線を利用するMVNOサービス。14年12月のサービス開始以来、低価格で高品質なサービスを提供しており、国内MVNO(SIMカードによる通信事業)契約数は約24万(19年6月30日時点)。「DMM光」は、NTT光ファイバー回線の「フレッツ光」を使用した、高品質なインターネット通信サービスを提供しており、契約回線数約2万(19年6月30日時点)。

楽天モバイルは今回の事業譲受により、モバイル事業の顧客基盤の拡大と、それに伴う「楽天エコシステム」におけるメンバーシップの強化を図る。効力発生日よりポイントシステムの移行を予定しているほか、「楽天エコシステム」を活用した事業シナジーの最大化を進める。