電通、ベトナムのデジタル広告代理店アンビエント・デジタル・ベトナムを買収

株式会社電通(東京都港区 / 以下、電通)は4日、海外本社「電通イージス・ネットワーク」を通じて、ベトナムの独立系デジタルメディアエージェンシー「Ambient Digital Advertising Service Company Limited」(ホーチミン市 / 以下、アンビエント・デジタル・ベトナム社)の株式100%を取得することについて、同社株主と合意したことを発表した。

アンビエント・デジタル・ベトナム社は2010年に設立された、ベトナムにおいて有力な独立系デジタルメディアエージェンシー。デジタルメディアのプランニング、バイイングからクリエーティブ、検索連動型広告、ソーシャルメディア運用に至るまで、幅広いデジタルメディアサービスを提供している。

電通は今回のアンビエント・デジタル・ベトナム社の買収により、ベトナムにおけるデジタル関連サービスの強化と事業規模の拡大を図る。