青山商事、日本のアメリカンイーグル事業を米American Eagle Outfittersに譲渡

青山商事株式会社(広島県福山市 / 以下、青山商事)は7日、同社連結子会社である株式会社イーグルリテイリングによる日本のアメリカンイーグル事業について、19年12月31日を期限とし、米国 American Eagle Outfitters,Inc.(以下、AEO社)との間で、AEO社へ事業譲渡を検討すること等を内容とする基本合意書締結を取締役会(19年6月6日開催)において決議したことを発表した。

発表内容によると、青山商事は2010年12月に連結子会社として、住金物産株式会社(現日鉄物産株式会社)と合弁で株式会社イーグルリテイリングを設立し、AEO社のフランチャイジーとして、カジュアル事業の拡大を図ってきたが、同社グループ全体における事業戦略を踏まえ、AEO社との合意に基づき、22年2月の契約期限を待たずに同事業をAEO社に譲渡することを両社間で検討することとなった。

AEO社による事業承継の検討については、今後、AEO社による買収監査等の手続及び青山商事との交渉を経て条件を決定し、合意に至った場合には、事業承継が成立することとなる。