昭和電工、ノンスティック・コーティング剤製造・販売のスイスILAG社を買収

昭和電工株式会社(東京都港区 / 以下、昭和電工)は28日、ノンスティック・コーティング剤を製造・販売するILAG社(スイス)の全株式を取得することを決定し、ILAG社の株式を保有するHelvetica Capital AG(スイス)との間で株式売買契約を締結したことを発表した。

ノンスティック・コーティング剤(以下、NSC)は、調理器具や家電製品などの消費者向け製品や、自動車・産業機器などの工業製品に塗布される、焦げ付き、汚れ防止を目的とした材料で、世界における市場規模は約1,300億円(2019年、昭和電工推定)とみられている。

ILAG社は、消費財NSC市場において世界第4位、欧州市場では第2位に位置し、特に欧州において高いブランド力を有する。消費財のみならず、自動車部品向けなど工業分野にも市場を有しており、スイス国内で生産した製品を50ヶ国以上に供給している。

昭和電工が16年11月に買収した消費財NSC大手のGMMグループが米国の大手調理器具メーカーを主な顧客としており、GMMグループとはグローバル市場において販売エリアの補完など多くのシナジー効果が期待できる。今回の買収により昭和電工のNSC事業は、60百万ドルの売上規模を得て、消費財市場において世界的な競争力を有する事業となる。