三井物産、消費者データ活用マーケティング支援のLegolissを買収

三井物産株式会社(東京都千代田区 / 以下、三井物産)は14日、データを活用したマーケティング支援事業を展開する株式会社Legoliss(東京都渋谷区 / 以下、Legoliss)の株式を取得し、子会社化したことを発表した。

Legolissは、企業に日々蓄積される膨大なデータを管理するためのデータマネジメントプラットホームの構築・導入や、蓄積したデータの分析・活用を支援する事業を行っている。蓄積データをマーケティング施策に素早く適切に活用できる情報にするための環境整備、オンライン広告の出稿コンサルティングや広告運用事業も手掛けるなど、国内のナショナルクライアントをはじめとする企業のデータ活用マーケティングを支援してきた先駆者であり、多くの導入支援実績を有する企業。

三井物産は今回の買収により、Legolissが消費者データ活用支援事業で得た知見・ノウハウを、米国先進企業の技術・ノウハウと組み合わせることで、消費者データを活用した売上拡大と収益性の向上を実現する最先端のデータマーケティング機能の提供に取り組む。