セガゲームス、英国の開発会社Two Point Studiosを買収

株式会社セガゲームス(東京品川区 / 以下、セガゲームス)は9日、英国の独立系開発スタジオTwo Point Studios Limited(イギリス ファーンハム / 以下、Two Point Studios)の全株式を19年5月8日に取得したことを発表した。

Two Point Studiosは、Lionheadスタジオ出身のGary Carr、Mark WebleyそしてBen Hymersによって2016年に設立された独立系の開発スタジオ。20名と小規模ながら、受賞実績もある複数の高評価タイトルに携わっていた経験豊富なメンバーを擁しており、独創的な世界観と遊びやすさを備えたシミュレーションゲームの開発を強みとしている。

セガゲームスは、欧米地域においてCreative Assembly Ltd.やSports Interactive Ltd.、 Relic Entertainment, Inc.、Amplitude Studios SAS等の開発スタジオを有しており、それぞれのスタジオでは欧米地域を中心に『Total War™』や『Football Manager™』、『Company of Heroes™』、『Endless Space™』といった有力IPのフランチャイズ展開を行っている。今後、Two Point Studiosはセガ・ヨーロッパの下でこれらの開発スタジオと並び、新たなフランチャイズの立ち上げを目指し、タイトル開発を行っていく。

セガゲームスは今回のTwo Point Studiosの取得により、Two Point Studiosが持つ優れたコンテンツ開発力と開発ノウハウを活かして新たなIPを創出、展開していくことでグローバルなゲーム市場での存在感の向上を図る。

※IP:Intellectual Property の略で知的財産権のこと