ダイサン、プラントのメンテナンス向け足場工事等展開のシンガポールMiradorグループを買収

株式会社ダイサン(大阪市中央区 / 以下、ダイサン)は22日、シンガポールのMirador Building Contractor Pte. Ltd.(以下、MBC)、Golden Light House Engineering Pte. Ltd.(以下、GLH)及びPM&I Pte. Ltd.(以下、PMI)を買収することを発表した。以下、MBC、GLH、PMIをあわせてMiradorグループという。

Miradorグループは、シンガポールにてプラントのメンテナンス向けに、足場工事を中心とした熱絶縁工事や電気工事などの付帯工事も受注する事業を展開しており、「100% customer satisfaction」をビジョンに掲げ、600名を超える外国人施工スタッフを雇用している。

ダイサンは、18年7月に公表した中期経営計画において、新たな市場への挑戦として、海外市場・インフラメンテナンス市場への展開を掲げており、Miradorグループの外国人施工スタッフを採用・育成する優れたビジネスモデルと、プラント向け工事の経験、他国へのコネクションなど、双方の企業価値をさらに高めるシナジーになり得ると考え、今回の株式取得に致った。