日本電産、オムロンの車載電装部品製造子会社を約1000億円で買収

日本電産株式会社(京都市南区 / 以下、日本電産)は16日、オムロン株式会社(京都市下京区 / 以下、オムロン)から、自動車向け車載電装部品の製造・販売を手掛けるオムロンオートモーティブエレクトロニクス株式会社(愛知県小牧市 / 以下、オムロンオートモーティブエレクトロニクス)の株式の取得等を決議し、19年4月16日付でオムロンと本株式取得等に係る譲渡契約を締結したことを発表した。

オムロンオートモーティブエレクトロニクスは、センシング&コントロール技術を核とした制御機器やシステム、電子部品等に強みを持つオムロングループの子会社として、車載用エレクトロニクス製品の研究開発及び製造販売を行っている。特に、ボディ制御システム、モータ制御 ECU、電源制御等の領域にて、市場の電動化・電装化ニーズに応えた優れた製品を数多く創り出しており、オムロンオートモーティブエレクトロニクスのECUをはじめとした各種エレクトロニクス製品と日本電産グループのモータ、ポンプ、ギア等を組み合わせることにより、新たなモジュール化製品、システム製品を生み出していくことが可能となる。

日本電産は、車載用モータ事業を主要戦略事業の1つと位置づけており、今後急速な拡大が見込まれる車載モータ市場に向け積極的に取り組んでいる。特に、自動車業界の潮流である「電動化」「自動運転」のニーズに迅速に応えるべく、電動パワーステアリング(EPS)用モータ、電動ブレーキ用モータ等と電子制御ユニット(ECU)とのモジュール化製品、今後市場で大きな伸びが期待されるEV用トラクションモータシステム等に注力している。今後も、世界規模の環境・エネルギー問題への対応として、電動化の流れはますます加速するものと捉えており、14年にグループ入りしたECUメーカーの日本電産エレシスとともに、より多くの電動化製品を生み出すべく研究開発を推進している。

日本電産エレシス及びオムロンオートモーティブエレクトロニクスの両社の製品群を足し合わせることで、将来の自動運転のためのセンサー製品群がほぼ揃う形となる。今後、日本電産グループの中で両社が協力のうえ、自動運転技術をサポートする多様なセンサー製品群の提供を目指す。